相愛傘

相合傘
梅雨らしくない雨の少ない日が続きましたが6月もそろそろ

終わろうかという時期になって雨の量が増えてきました。

やっとお空の雷様も出番が増えて忙しい思いをしてるでしょうか。

お百姓さんにはなくてはならない雨、飲み水確保のためにも

なくてはならない雨ですが大雨は困りもの。既に沖縄地方は梅雨明け

したようですが南九州を中心とした地域は大雨の警戒が必要みたいです。

他の地域でも7月下旬までは気を抜けません。もう一度身の回りの

避難用品を確認しておいた方が良さそうです。

今年は大きな被害が出ませんように。

雹
6月も半ばを過ぎ梅雨入りしてからかなりの日数が経ちますが

未だに梅雨らしい雨が降っていません。本当に梅雨入りしてるの?

それでもお天気は不安定な日もあり突然激しい雷雨になったり

大粒の雹が落ちてきたり。大きな氷の塊が落ちてくると怖いです。

以前はそれほど聞くことのなかった竜巻被害も多くなっているようで

日ごろから災害にしっかり備えておく必要があるようです。

もう一度災害時の避難経路や用具を再確認しておきましょう。

これから先、本格的な大雨になるかもしれません。

月夜に癒されて

月を吊り下げて
梅雨に入ってしばらく経ちますが雨の降る日が少ないようです。

夜空にはお月さまとお星さま。地表には蛍の光。

あくまでイメージですが天上の光と地上の光と、光の競演が

ロマンチックです。

残念ながら都会の空は明るすぎて綺麗な星空を見ることがありません。

金星の輝きがぽつんと見えるだけの寂しい空です。

それでも晴れた日にはお月さまを見て癒されることもあります。

来月には七夕さま。綺麗な空がいつまでも見られますように。

人それぞれ

人それぞれ
梅雨入りが迫っていますね。

梅雨はじめじめして鬱陶しいですが紫陽花や花菖蒲、睡蓮などのお花が

しっとりと色鮮やかに染まって綺麗です。

殆どの人は晴れた青い空が好みでしょうが梅雨は梅雨なりの楽しみ方も

ありますね。

人もそれぞれで、みんなが同じ方向を向いて右倣えで生きていけば

安心感も強いのでしょうが、やりたい事はみんな違うはず。

たまには素直に自分の進む道はどうなんだろうと雨音を聞きながら

静かに考えてみるのもいいかもしれませんね。


二人の道

二人で進む
雨の季節に入りました。これから鬱陶しい日が続くのでしょうか。

最近、都内でよくカートを見かけます。つい先日も神保町辺りだったかで

見かけましたが、外国からの観光客が乗っています。

見た瞬間は微笑ましくてついつい笑顔で手を振り返してしまいますが

次に思うのは、ヘルメットもシートベルトも無いむきだしの身体のままで

車道の真ん中を走っていて大丈夫?ということ。

道交法上は今のところ問題ないようですが、見ている方としてはどうしても

心配になってしまいます。

せっかく日本を訪問していただいた人たちが怪我などしないようにと

祈るばかりですが何らかの法整備も必要なのかもしれませんね。

楽しそうだからクローズされた場所で乗ってみたいなとは思います。
ギャラリー
  • 氷上の格闘オセロ
  • 笑顔の種
  • コキアのほうき
  • パンダ
  • 山歩き
  • 魔女の予報士
  • 綿あめの雲
  • 水やり
  • キノコ増殖中